【小型船舶操縦者の心得及び遵守事項】

問1 陸上交通と比較した水上交通の特性について述べた次の文のうち、適当なものはどれか。

(1)陸上交通の駐車禁止区域のような制限が無いので、あらゆる場所に自由に係留することができる。
(2)通常、モーターボートにバックミラーやルームミラーが付けられていないのは、水上では周囲の見張りが陸上ほど重要ではないからである。
(3)水上では風潮流の影響を受けるため、同じ位置に留まったり直進することが陸上ほど簡単ではない。
(4)すべての水域で、速度制限が無いので、周囲に他の船舶がいないときは高速で航行することができる。

問2 小型船舶の船長が、ヨットについて知っておかなければならない事項として適当でないものは、次のうちどれか。

(1)帆走中に風を受ける舷を変える際、急に大きく針路を変えることがある。
(2)帆が死角となるため、周囲の状況を十分に把握できないことがある。
(3)帆を降ろしてエンジンのみを使用して航行することがある。
(4)帆走中は風上に向かって航行するよりも、風下に向かって航行するほうが難しい。

問3 図に示す「たこつぼ漁法」について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、次のうちからあてはまるものを選べ。
(A)水面に浮かんでいるブイや旗ざおを見ただけでは、底刺し網か、たこつぼなのかを判断することはできない。
(B)何組も設置されている場合が多いので、多数のブイや旗ざおを見つけた場合には、離れて航行する。

(1)(A)は正しく、(B)は誤っている。
(2)(A)は誤っていて、(B)は正しい。
(3)(A)も(B)も正しい。
(4)(A)も(B)も誤っている。

問4 ヨットの乗揚げ事故の発生原因として最も多いものは、次のうちどれか。

(1)避航時期不適切
(2)機関取扱い不良
(3)船位不確認
(4)船体点検不十分

問5 小型船舶の船長の責任について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、次のうちからあてはまるものを選べ。
(A)船舶検査証書のない船舶を航行させた場合は、行政処分を受ける。
(B)最大搭載人員を超える人員を搭載した船舶を航行させた場合は、行政処分を受ける。

(1)(A)は正しく、(B)は誤っている。
(2)(A)は誤っていて、(B)は正しい。
(3)(A)も(B)も正しい。
(4)(A)も(B)も誤っている。

問6 小型船舶の船長のマナーについて述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。

(1)海水浴場や人家の近くでは、高速で航行しないようにする。
(2)早朝や夜間には、なるべく出入港を控えるようにする。
(3)高速航行する場合は、早朝や夜間を避けるなど時間帯を考慮する。
(4)昼間に出航できるように早朝や夜間に暖機運転を行うようにする。

問7 航行する水域の交通ルールを確認する方法について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。

(1)その地域のマリーナやマリンショップに問い合わせて確認する。
(2)気象庁予報部に問い合わせて確認する。
(3)海上保安庁や地方自治体に問い合わせて確認する。
(4)その地域の漁業組合に問い合わせて確認する。

問8 「手持ちで使用する、火炎を発する救命設備」はどれか。次のうちから選べ。

(1)信号紅炎
(2)自己発煙信号
(3)火せん
(4)自己点火灯

問9 小型船舶の船長の遵守事項について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。

(1)飲酒の影響で正常な操縦ができない場合は、小型船舶を操縦してはならない。
(2)薬物の影響で正常な操縦ができない場合は、小型船舶を操縦してはならない。
(3)飲飲酒の影響で正常な操縦ができない者に、小型船舶を操縦させてはならない。
(4)薬物の影響で正常な操縦ができない者を、小型船舶に同乗させてはならない。

問10 操縦免許証の更新及び失効再交付について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、次のうちからあてはまるものを選べ。
(A)更新講習は指定講習機関が、失効再交付講習は指定失効再交付講習機関が実施している。
(B)更新の申請手続きは、最寄りの警察署にて行うことができる。

(1)(A)は正しく、(B)は誤っている。
(2)(A)は誤っていて、(B)は正しい。
(3)(A)も(B)も正しい。
(4)(A)も(B)も誤っている。

問11 船舶検査を受ける必要のない船舶は、次のうちどれか。

(1)エンジンを有さない定員7名の客船
(2)エンジンを有する長さ1.4メートルの小出力船舶
(3)エンジンを有する他の船舶に曳かれる客船及び遊漁船
(4)エンジンを有さない沿海区域を越えて航行するヨット

問12 小型船舶の船長が不法係留や放置船について知っておかなければならない事項として、適当でないものは次のうちどれか。

(1)所有している船舶を廃棄する場合には、海底に沈めることにより処分する。
(2)所有者によるゴミや油の不法投棄で、付近の生活環境に悪影響を及ぼす場合がある。
(3)洪水や高潮時において、流水を阻害して災害を増長させる場合がある。
(4)係留場所を確保するために、橋や護岸に杭を打ち付けてはならない。

【交通の方法】

問13 次の図は、夜間、航行中のA動力船がその船首方向に、他の動力船の灯火を視認した状況を示したものである。「両船が、互いに他の動力船の左舷側を通過できるように、針路を右に転じなければならない。」と定められているのは、図(1)〜(4)のうちどの場合か。ただし、は白灯、は紅灯、は緑灯とする。


問14 次の図は、夜間、航行中のA船がその船首方向に、他の動力船の灯火を視認した状況を示したものである。A船がこの灯火に次第に接近する場合、A船が追越し船として避航動作をとらなければならないものは、次のうちどれか。ただし、白灯、は紅灯、は緑灯とする。


問15 航行中の2隻の動力船が互いに進路を横切り衝突するおそれがあるとき、他の船舶の進路を避けなければならない船舶は、次のうちどれか。

(1)他の動力船より動きが軽快な動力船
(2)先に短音5回以上の信号を行った動力船
(3)他の動力船を右舷側に見る動力船
(4)他の動力船を先に認めた動力船

問16 「衝突を避けるための動作」をとる際に考慮しなければならない事項と、実施上の留意事項を示した次の組合せのうち、誤っているものはどれか。

(1)避航の時期・・・早めに
(2)速力の変更・・・少しずつ
(3)針路の変更・・・大幅に
(4)
他船との距離・・・十分に離す

問17 次の図に示すように、航行中のA船とB船が互いに進路を横切り、×印の付近で衝突するおそれがあるとき、B船が避航しなければならないのは、図(1)〜(4)のうちどの場合か。

問18 次のうち、「安全な速力」の決定にあたって特に考慮しなければならない事項として定められているものはどれか。

(1)目的地までの距離
(2)他船の速力
(3)帰港予定時刻
(4)自船の操縦性能

問19 動力船が濃霧中を航行するときの措置として誤っているものは、次のうちどれか。

(1)見張りを厳重にする。
(2)短音1回の汽笛信号を繰り返し行う。
(3)法定灯火を表示する。
(4)機関を直ちに操作できるようにする。

問20 夜間、航行中の動力船が表示している右舷灯の色は、次のうちどれか。

(1)白色
(2)緑色
(3)紅色
(4)黄色

問21 次の図の形象物について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、次のうちからあてはまるものを。選べ
(A)錨泊中に表示する形象物である。
(B)漁ろうに従事している船舶は表示しなくてもよい。

(1)(A)は正しく、(B)は誤っている。
(2)(A)は誤っていて、(B)は正しい。
(3)(A)も(B)も正しい。
(4)(A)も(B)も誤っている。

問22 視界制限状態にある水域において、「2分を超えない間隔で長音1回の汽笛信号」を行っているのは、どのような船舶か。次のうちから選べ。


(1)漁ろうに従事している船舶
(2)錨泊中の一般動力船
(3)対水速力を有する航行中の動力船
(4)運転不自由船

問23 次の図は、港内におけるA船の航行している状況を示したものである。港則法による一般的な航法として、誤っているものはどれか。


問24 「雑種船」について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。

(1)雑種船は、みだりに船舶交通の妨げとなるような場所に停泊してはならない。
(2)雑種船は、みだりに係船浮標に係留してはならない。
(3)雑種船は、航路を航行してはならない。
(4)雑種船は、港内では、雑種船以外の船舶の進路を避けなければならない。

問25 次の航路のうち、航路への出入及び横断が制限されている区間があるものはどれか。

(1)伊良湖水道航路
(2)水島航路
(3)来島海峡航路
(4)備讃瀬戸北航路

問26 水上安全条例について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。

(1)水上安全指導員は、水上交通の安全や事故防止等についての指導や啓発活動を行っている。
(2)水域利用者の遵守事項や船舶の交通ルール等について規定している。
(3)違反者の取り締まりは、各都道府県警察が行っている。
(4)懲役や罰金などの罰則規定はない。